眉毛が薄いことが中学時代から悩みです。

眉毛が人より薄いことが、中学生の頃から悩みです。薄いのですが、上下の幅が広いためその分は剃らなければならず、おまけに眉尻は短いため、剃るとほとんどなくなった状態になってしまいます。(いわゆる麻呂眉のような感じです)抜くと生えにくくなったり瞼の筋肉がゆるんでまぶたもたれると聞いてはいるのですが、ぼやっと広がった眉毛の手入れは、どうしても抜かないとおかしなところもあり、抜くとより減ってしまうということの連続で非常に難しくいつも苦戦しています。

学生時代や社会人になってからも、旅行でお風呂上がりはいつも悩んでしまいます。顔はすっぴんでも、眉毛だけはなさ過ぎて描いているので、すっぴんにアイブロウというちぐはぐ状態。「私ほんとに眉毛ないからさ〜」などと言って笑ってごまかしていますが、自然に綺麗な形の眉毛の方を見るととても羨ましく感じます。

汗をかいたり髪の毛が触れるとすぐアイブロウが消えて眉無しになってしまうので、お手洗いでのマメなチェックは欠かせません。アイブロウコートをするようになってからは格段にもちが良くなりました(100円ショップで売っているものをオススメされて最初は半信半疑でしたが、とても効果が高くて愛用しています)が、それでも気にするようにしています。やはり眉毛のしっかりした方は顔がはっきりし、しっかりとした印象を与えます。自分自身人と接することが多い職業なので、仕事上でも大切なことだと考えています。

現在は眉毛の育毛剤にも興味があります。試してみたいと思います。

例えばこういう感じですね→http://xn--88j8d607pmef29ax12a7hd.biz

眉毛が薄いことが中学時代から悩みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です