ドイツの食材で挑戦中の日本料理

旦那の仕事の都合で○○に暮らし始めたのですが、それから日本料理を作るのが趣味になりました。

日本にいた時は、むしろ西洋に偏った料理を作ることが多かったのですが、離れて手に入らないと思いと余計に欲しくなるのですね。

まず、一番大変なのは食材の確保です。日本スーパーは高くて、なかなか毎回は買えないので現地で調達できる食材を探しました。

キッコーマンの醤油はこちらでも手に入ります。料理酒は白ワインで代用できます。代用ができないのは、みりんに味噌です。また小麦粉もグルテンの含有量が違うらしくて製菓には使えません。

その中ではなくとても活躍してるのが、日本から持ってきた鰹節です。ふりかけにもできるし、お出汁にも使えるし。日本にいた頃が出汁からとることなんてなく、だしの素を愛用していました。しかし、出汁からとったお味噌汁を飲むとやはり一味違いますね。
これからも、どんどん○○で作れる日本食を研究していきたいです。

ドイツの食材で挑戦中の日本料理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です