香川照之さんの演技が不気味な『クリーピー 偽りの隣人』

新居に引っ越してきた夫婦の妻が近所あいさつで西野という家に行ったばかりに、西野に狙われ、夫婦ともども監禁されてしまうという、日常の恐怖を描いた、ホラーと言ってもいいような、サイコサスペンス映画です。

おおよそ日本映画らしからぬ内容です。昔から普通にしている、引っ越しの御近所あいさつが恐怖の始まりとなります。隣の人の顔さえ知らない、現代の都市部で、引っ越して来ても何もしない方がましという事を暗に示唆したようなパターンです。近所付き合いは、何かを差しあげたら、何かでお返しをするという常識を壊しています。親しくなればなるほど図々しくなる西野に対し、竹内結子演じる妻は西野の言葉に応じてしまいます。やがて西野の実態を知った夫が自宅に帰ると、妻は監禁され、自分も監禁されます。この西野は、隣人を監禁し、必要な人のみ家族とし、不必要な人間は殺すと言うサイコ殺人鬼です。

ビデオ見放題サービスで楽しんだわけですが、西野を演じる香川照之さんが、ハマリ役とも思える怪演をしています。一風変わった男から、素直で優しい男になり、最後には殺人鬼の本性を現します。見ているこちらも気分を害するような感じになってしまいます

この作品は国内の評価は分かれていますが。アメリカのホラーサスペンス映画ファンにはお勧めです。つまり日本映画でありながら、アメリカンホラー映画の要素をたっぷりもっています。私にとっては面白く、あらすじがいつまでも心に残っている映画の一つです。

香川照之さんの演技が不気味な『クリーピー 偽りの隣人』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です